背中ニキビの治し方

背中ニキビは背中にできるニキビのことです。

顔や胸にできるニキビと同じで、毛穴から炎症を起こして赤くぷっくりと腫れ上がるのが特徴です。

しかもこの背中ニキビはなかなか治らないことでも知られています。

背中ニキビができた人や昔できていた人には、すぐに想像がつくと思いますが、一つできると気付いた時には背中一面に広がっていることも少なくありません。

このしつこい背中ニキビの治し方って本当にあるんでしょうか?

それにはまず、背中ニキビの原因を知って、正しくニキビケアをする必要があります。

正しい知識で、正しいニキビケアを知ったあとで、背中ニキビの治し方をみていきましょう。

背中ニキビの原因は?

背中ニキビの原因を考えた時に思い浮かぶことはたくさんあると思います。

私がまず思いついたのが、食生活でした。他にもぱっと考えるだけでもニキビの原因かな?と思うことはたくさんあります。

  • 食事
  • 体の洗い方
  • 石鹸
  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 衣服
  • 寝具

などがそうですね。

実際自分で気をつけられるところは、すべて気をつけていましたが、背中ニキビはなかなか治りません。

実は背中ニキビの大きな原因は、上にあげたもののどれでもなく、お肌の乾燥だったのです。

乾燥というと、ニキビからはちょっと遠い存在だと思っていたのでまったく頭に浮かびませんでした。

背中ニキビのできるメカニズム

背中ニキビができるのは、乾燥ということがわかりましたが、どうして乾燥するとニキビができるのでしょうか?

ここでは簡単に背中ニキビができる順番をご紹介しておきます。

  1. お肌が乾燥する
  2. 脳が水分不足を感じる
  3. 皮脂を出して乾燥から守る
  4. 毛穴に皮脂がたまる
  5. 毛穴の表面にでて、角質になる
  6. 角質が毛穴を塞ぐ
  7. 中でどんどん皮脂がたまる
  8. たまった皮脂に菌が繁殖する
  9. 菌に対して炎症が起こる
  10. ニキビの完成

だいたいこんな順番で背中ニキビができてしまいます。

ということは、一番最初におこる乾燥さえとめてしまえば、背中ニキビはできないということになりますよね。

背中ニキビの治し方はこれ

背中ニキビを治すにはhttp://senakanonikibini.infoが参考になります。

乾燥をとめるには保湿です。

保湿をすることでお肌の表面がうるおって、毛穴が乾燥を訴えません。

そうすると余分な皮脂もでてこないので、毛穴がつまってしまうこともなくなります。

毛穴がつまらなくなると、角質ができないので、毛穴の中は常に清潔でいられます。

清潔な毛穴には菌が繁殖しないので、炎症も起こらずに背中ニキビはできなくなります。

というわけで、背中ニキビに一番おすすめなケアはシンプルですが保湿ケアです。

ですがただ化粧水をバシャバシャ塗っていればすむかというとそう簡単ではありません。

背中ニキビには、背中ニキビに専用のコスメを使う必要があります。

ですがとっても簡単なことで、これさえ使っていれば大丈夫なので、長年悩んでいた背中ニキビのきれいに治すことができます。

背中ニキビをどうしても治したい!とお悩みの方は是非こちらを試してみてください。